Amazon

Amazonで評価をもらうためにするべきこと。

お疲れ様です。

最近私のコンサル生の中で、チーム戦を開始しました。

なぜチーム戦を開始したのか?という点はいろいろあるのですが、
今回競争する指標の一つに「評価数」を追加したんですね。

Amazon販売をしたことがある人はわかると思うのですが、
評価をもらうのってめちゃめちゃ大変です。びっくりするほど大変です。

なので、私が評価をもらうために試したことや、
評価をもらうために大切なことについてお話ししていきますね。

Amazonで評価をもらうために

ラッピングをしたり手紙をつけたりする

商品を発送する際に、サンキューレターを添付します。
サンキューレターといっても凝りすぎなくても大丈夫です。

(レターのデザインに凝るよりももっとできることがあるので)

中身はいろいろな工夫ができます。

フィードバックページのQRコードを作成して、
サンキューレターに追加する人も増えてきました。

また、フィードバックページに入ってから
どういった操作が必要なのか?
その部分を丁寧に書かれる人もいます。

フィードバックの仕方がわからない人からすると
すごく嬉しいですよね^^

また、商品をラッピングするというのも一つの手段です。
見た目が綺麗で嬉しくない人がいるわけないですからね。

時間があるのであれば丁寧にラッピングするのも一つの手です。
が、そこまで力をかけてやる必要もないかと思います。

ラッピングにしてもサンキューレターにしても、
自分じゃなくてもできることです。

クラウドワークスなんかを利用して外注さんを募集したり、
もしくは友人に頼んでみるなど方法はいろいろあります。

上手に人の手を借りながらやるといいですね。

FBAの場合も可能

FBAでも、ラッピングをしたり
サンキューレターを同封したりすることは可能です。

お客様のお手元にお届けしたい状態にしてから
Amazonに納品するだけです。簡単ですね。

納品前にバーコードを貼ってから発送する方が間違いないです。

評価依頼メールを送る

評価依頼メールですが、私はしつこいくらいにメールを送っていました。
朝にも送る、夜にも送る。

ですが、あまりにメールを送り過ぎると
「何回もメールしてきやがって!」というクレームになったりもします。

なので、私は毎回送るメールの文章は変えていました。

そして、評価依頼メールを送ると一言で言ってますが、
「評価お願いします!」だけが評価依頼メールではありません。

私は、評価をしたくなるような方向に持っていくメールも
評価依頼メールだと思っています。

ですので、最初は商品を発送する際に
これから商品を発送します!という内容のメールを送ります。

数日してから、商品は届きましたか?
もし届いていなければお気軽にお問い合わせください、
といったニュアンスのメールを送ります。

その後初めて評価をお願いする内容のメールをします。
商品の使い勝手はどうだったか?
配送状況はどうだったか?など。
もし対応が良いと感じていただけたのであれば
評価をお願いします、、、と言った具合でしょうか。

当然ですが、メールの中に
フィードバック用のURLは絶対入れてくださいね。
手順まで載せてあげると丁寧ですが、
長過ぎると読んでもらえなくなるので手短に。

これで評価がもらえなかった際には、
次はストアからのお願いというよりも
まるでアマゾンからのお願い風にメールを送ります。

もちろんアマゾンからの依頼です、と
どストレートに書いてはダメですが、
ストアからの評価依頼よりもアマゾンからの評価依頼の方が
ダントツに反応がいいです。

なので、どうしても評価がもらえないようであれば
アマゾンからの依頼風に連絡してみてください。

間を空けて何度かメールをしてみて
評価をもらえないようであれば諦めましょう。

どこで諦めるかは人それぞれですが、
私の場合は購入から大体1ヶ月くらいでメールを辞めています。

ちなみにこれはFBA納品の場合です。
私はいつもアマスタという商品をツールを利用してメールしています。

ステップメールみたいに好きなタイミングで
自分の考えた文章を送付できますので便利です。

発送個数が多ければ多いほど重宝します。

最初の1ヶ月間は無料なので、ぜひ一度使ってみてください。
http://ama-sta.com/

お客様にこれでもかというくらい寄り添う

これが、超重要です。
自己発送じゃないと難しい面はあるのですが、
お客さんに寄り添った対応が一番効きます。

FBAの場合はどうしてもAmazon配送であるし、
量も多いので一つ一つ丁寧に対応するのは正直難しいです。

(できるだけお客様との距離を縮められるように
ステップメール方式で連絡を取るのですが)

自己発送の強みは、自分で配送できること。

サンキューメールを送り、例えばですが
何かご要望があればお答えできます、と言った具合に
柔軟に対応することが可能です。

おまけを入れるハードルも下がりますし、
希望の配送日、配送時間、
配送方法で発送することが可能です。

自分の立場に置き換えてみていただきたいんですが、
すごく丁寧に寄り添った対応をしていただけると嬉しいですよね。

評価依頼をされなくても、
自ら評価をしよう!と思いませんか?

それだけお客様との距離を縮めるということは大切です。
難しいよ!と思うかもしれませんが、
できるだけお客様とコミュニケーションを図るように工夫してみてください。

まとめ

いかがでしたか?

評価をもらうためには、
自分がされて嬉しいと思うことをするのが一番です。

今回は手紙やラッピング、メールの方法について
簡単に説明しましたが、
とにかく「お客様に喜んでもらえることは何か?」を一番に考えて
ご自身でいろいろな工夫をされてみてくださいね。

関連記事

  1. Amazon

    画面の向こう側にいる人を意識していますか?

    みなさんお疲れさまです^^いかがお過ごしですか?もうすっか…

  2. 主婦のお金の不安

    超安全な主婦のお小遣い稼ぎはコレ!

    片手間でお小遣いを稼ぎたいと思っても、インターネットで調べて出てくる在…

  3. 転売

    無在庫転売のビジネスモデルとは?

    私がコツコツと取り組み、結果を出すことができたビジネスモデルは「無…

  4. Amazon

    輸入有在庫転売が面白い、、、!

    私は普段、在庫を抱えないスタイルの転売(無在庫転売)に取り組んでいるん…

  5. Amazon

    Amazonで知的財産権侵害!申し立て取り下げまで簡単にわかりやすく解説!

    Amazon販売で知的財産権の侵害の申し立てを受けたことがありますか?…

  6. Amazon

    Amazon転売で高い利益率を出している理由。

    転売をしたことがある人ならわかると思うんですが、利益率がスーパー低…

メールマガジン

  1. 転売

    無在庫転売のビジネスモデルとは?
  2. メルマガバックナンバー

    今年の目標を達成するために行うべき必須事項。
  3. ブログ

    完璧でなくてはならない、というプレッシャー。
  4. マインド

    主婦が大きく稼ぐために欠かせないこと。
  5. マインド

    やり込むことで生まれるノウハウ。
PAGE TOP