Amazon

Amazonで知的財産権侵害!申し立て取り下げまで簡単にわかりやすく解説!

Amazon販売で知的財産権の侵害の申し立てを受けたことがありますか?ある日突然パフォーマンス通知に「重要なお知らせ」が来るとびっくりしてしまいますよね。

この知的財産権の侵害申し立ては、放っておくと後々アカウント停止に影響するもの。私自身も知的財産権の侵害申し立てにより、アカウント停止を経験したことがあります。

 

Amazon販売用アカウントの一時停止を逃れるためにも早急な対応はマスト。この記事では知的財産権の侵害申し立てについて触れていきます。

Amazonにおける知的財産権の侵害について

そもそも知的財産権とは?簡単にわかりやすく解説

よく知的財産権という言葉を耳にしますが、正確にいうと「知的財産権」という名前の権利があるわけではありません。

「特許権」「実用新案権」「意匠権」「商標権」「著作権」等、これらのものを総称して知的財産権と呼びます。

 

それぞれの権利にしっかりと意味合いがありますが、簡単にわかりやすく説明するとこれらは全部て誰かが一生懸命考えて発明したり、考案したりしたものにつく権利。

自分たちが一生懸命考えたものをやすやすと他の人に無断で真似されたら嫌な気持ちになりますよね。

 

例えば意匠権はデザインに与えられている権利です。自分が一生懸命考えたデザインが知らないところで勝手に使われ、それでお商売をしていたら「やめて下さい!」と言いたくなるはず。

知的財産権の中でも注意を受けやすい商標権は、物の名前やサービスを他のものと区別するためにつけられるロゴやマーク等を指しています。そんな大事なものが知らないところで勝手に使われていたら・・・・!寝る間も惜しんで頭を絞り考えた発明やデザインだったとしたら、当然ながら怒り心頭です。

 

このように、誰かが一生懸命考えて形にしたものを他の誰かが勝手に真似してしまわないように定められてる権利、が知的財産権である、というたニュアンスで覚えておきましょう。

 

知的財産権の意味を改めて理解すると、Amazon側が出品者を厳しく罰する理由も頷けますね。

実はほとんどの商品は知的財産権の侵害に当たる

しかしながら、実はAmazonで販売されているほとんどの商品は知的財産権を侵害しています。

驚きましたか?ですが、そうなのです。というのは、どのデザインや商品も大抵開発された際に特許申請することがほとんどのため。

 

商品を世に送り出す前に、誰かに真似されてしまわぬよう先に対策を練ってしまうんですね。当たり前と言えば当たり前です。

ですから、転売している商品はほぼすべて知的財産権を侵害していると考えて良いでしょう。

 

ではなぜ知的財産権侵害のメールが送られてくるものとそうでないものがあるのか?

罰せられるか罰せられないかは、権利者が申し立てするかしないかが基準になるためです。実際知的財産権が侵害されている商品は少なからずあるのですが、権利者が申し立てをしていないが故にそのまま販売されています。

 

いつ申し立てされるかわからない恐怖はありますが、逆に言えば、申し立てされなければそのまま出品していても罰せられることはありません。

少し前までは、大手のメーカーであればあるほど細々とした対応はしていられないという観点から結構大目に見てくれることが多かったのですが、最近は大手メーカーがどんどん知的財産権の申し立てをしてきています。ブランド申請しないと出品できない商品も増えてきました。

 

今は大丈夫でもこれからさらに申し立てが増え、様々なブランド商品が出品できなくなる可能性はあると考えていた方が良いでしょう。そうなってくるとライバルはどんどん減り、自分はますます稼ぎやすくなりますので根気よく対応していきましょうね。

知的財産権の侵害申し立て時の対応について

知的財産権の申し立てについてですが、2パターンの方法で連絡が来ます。

 

一つは権利者がAmazonに直接申し立てを行い、Amazonを通して連絡が来るパターン。

もう一つは、Amazonに申し立てする前に警告という形で購入者へのメッセージにて連絡して来るパターン。

大体はこの2パターンです。

時々書面でくる方もいたり、電話で捲し立てられるパターンもありますのでしっかりとチェックしておきましょう。中にはAmazonからの電話に出られなかっただけでアカウント停止になる事例も聞いております。

出品用アカウントのお知らせについて

権利者がAmazonに知的財産権の申し立てをした場合に届く特別なメールのタイトルです。

つまり規約違反をしていますよ!とAmazon側に伝えているということなのでこれは大問題。

 

パフォーマンス通知に通知が届いているはずですので、在庫から商品を削除したのち権利者に直接メールをして謝罪、知的財産権の取り下げを依頼してください。

権利者の多くが返事も取り下げもしてくれませんことがほとんど。もしメールアドレス以外に手がかりがない場合には、インターネットで会社名や権利者の名前、連絡先のメールアドレスなどをグーグルで検索してみましょう。会社の所在地を調べたり、電話番号を調べたりしてどうにかして連絡を取るようにします。

 

そんなところまでしないといけないの?!と思うかもしれませんが、規約違反をしているわけですから行うべきです。
申し立てを取り下げしてもらわないでそのままにしているとアカウントが停止、最悪の場合閉鎖する恐れも。

面倒だと思うかもしれませんが、最後まで丁寧な対応をするようにしましょう。

購入者からのメッセージ

購入者からのメッセージから連絡してくれる権利者はとても優しいです。Amazonに申し立てする前に警告を出してくれていますから、アカウントヘルスに響いたりクレームになったりしにくいことが特徴。

 

その場合はすぐに商品を削除し、権利者に謝罪のメールを送ってください。

対応せずにそのままにしておくと、権利者がAmazonに知的財産権の申し立てをしてしまいます。素早い対応をするように心がけましましょう。

まとめ

知的財産権は、誰かが一生懸命考えて生まれたものに対してその人やものを守るためにある権利です。

冒頭でお話ししたように、もし相手の立場を考えると怒り新党です。。。

 

Amazonは権利者を守るのは当然の義務であり、私たち出品者はその意味を汲み取ってしっかりと規約やガイドラインを守らなくてはいけません。

もし知的財産権の申し立てが来たらすぐに対応するよう今から心構えしておきましょう!

関連記事

  1. 主婦のお金の不安

    主婦が自宅で稼ぐには?お小遣い稼ぎはネットでも安全に出来る!

    「働きたいけれど、育児や家事に追われてまとまった時間が取れない」・…

  2. Amazon

    規約の追加や変更は当たり前に起こるものです。

    昨日、嬉しいことがありました^^嬉しいことって何かというと、コ…

  3. おすすめ記事

    主婦で副業で、100万円を稼げた理由。

    八重樫です。土曜日にセミナーを受けに東京に行き、日曜日コンサル…

  4. Amazon

    メルカリを利用したamazon転売のリサーチ方法

    先日は色々な転売の種類や特徴についてお話ししましたね^^(まだ読ん…

  5. 主婦の副業

    PDCAサイクルとは?意味や回すコツについて。

    よくPDCAを回せ!なんて言われたり、耳にしたりすることはありませ…

  6. 主婦のお小遣い稼ぎ

    主婦のお小遣い稼ぎはアンケートモニター!安全?副業でも可能?稼げる額も含めて回答します!

    主婦業で毎日慌ただしく過ごす中、もう少しお小遣いが欲しい!でもなか…

メールマガジン

  1. メルマガバックナンバー

    このマンモスの肉と交換して!
  2. マインド

    やり込むことで生まれるノウハウ。
  3. メルマガバックナンバー

    月収0円→400万円の軌跡。
  4. ブログ

    完璧でなくてはならない、というプレッシャー。
  5. Amazon

    メルカリを利用したamazon転売のリサーチ方法
PAGE TOP